角栓発見!もしかしてツルツルお肌の天敵排除【目指せ素肌美人】

マル

肌質に合った商品を選ぶ

界面活性剤不要の商品

石鹸

「洗顔石鹸」を選ぶ条件は人それぞれです。安い商品を選ぶ人、泡立ちで選ぶ人、口コミの評価を見て選ぶ人もいます。さまざまな条件がありますが、最も重要なことは自分に合った商品を選ぶことです。それには自分の肌質をよく知っておかなくてはなりません。乾燥肌の人は保湿性の高いもの、毛穴が気になる人は吸着力の高いもの、敏感肌の人は無添加のものが最適です。最近はなにかと界面活性剤のことが話題になっています。界面活性剤は環境を悪くするだけではありません。肌にも悪い影響を与えるそうです。蓄積されると、細胞が破壊されてしまうこともあります。洗顔石鹸を購入する時は、なるべくこの物質が使用されていないものを選ぶと良いそうです。

自然派が売れている

最近はエコロジーに配慮している企業が多く、一般人も環境を考えるようになりました。洗顔石鹸も、地球や体にやさしい自然派が注目されているそうです。実際に防腐剤や着色料、香料を使用していない商品が売れています。今後も、野菜やフルーツなど植物を原料にした自然派の洗顔石鹸が売れるのではないかと予測されているそうです。洗顔する時は、力を入れすぎないことが大切です。じゅうぶんに泡立ててから肌に乗せ、やさしくマッサージをします。この時、時間をかけすぎないで手短に済ますことがポイントです。時間をかけると、その分肌にダメージを与えていることになります。洗顔後は、肌が乾かないうちに化粧水や乳液、美容液をつけることも大切です。